ドバイ編 海外で働いてみよう! by なお

インターンを終えて

一昨日、無事に半年のインターンを終えました。
無事にといっても、最終日はこれまでで一番かという大忙しで、お昼休みやお手洗いに行く時間もないほどで勤務時間も全員延長、情緒は全くありませんでした笑
私のほとんど過ごしたベストシーズンドバイの間は、毎日100部屋ほどのドイツ人グループ、そして残りが個人のお客様というパターンだったのですが、これからの夏の間はグループはお休みで、ルーム料金は下がり、全てが個人のお客様なので、正直仕事的には量が増える、手間が増えるというのが正直なところです。


そして一日経って・・なんだかぽっかり心に穴があいたような気がしています。
思えばこの半年は、本当に訓練という言葉がぴったり当てはまりますね・・。
やっと半年が経って周りのペースがわかり、そして自分自身の気持ちをコントロールできるようになりましたが、ドバイという場所本当に想像を超える場所です。
私はメキシコでの海外経験が3年ほどありますが、例えばメキシコではほとんどがメキシコ人、そして少数が外国人ですが、ドバイでは、例えばホテルでは約1,000人の従業員がいて、国籍は50ケ国以上にもなるため、外国暮らしに自分は慣れてるから・・なんていう思いは吹き飛ばされました。
本当に皆それぞれ何を考えているのか、どう行動するのか全く読めないんですから・・笑
なので最初は、本当に悔しい思いをすることがいっぱいあって、トイレやホテルの隠れ避難場所?で泣いたり、もう34歳にもなるのに学生みたいなことをしてるわ私・・なんていうこともありました。
むかっとすることも正直多々・・笑。例えばこちらではチップの文化があり、同僚の中には普段あまり仕事に精を出していないように思える人でも、チップをはずむであろうアラビックゲストの時になると私がエスコートしようと思っているのに、奪っていくとか・・笑、最初はむかっとしたりもしてましたが、今では言い返すこともできますし笑、それにこれが一概に悪い良いとは言えないと思うのです。
生きていくためのある意味の傲慢さ・・違うな・・強さ・・ちょっと表現に困るのですが、
日本人にはあまりない(私だけかもしれないですね)、それはこれから生きていくために少しだけ・・いやちょっぴりだけ見習ってもいいかもとも思うのです。
そして怒ったり泣いたりだけの半年ではありません!!
本当にくだらないことで笑ったり、良い友達がたっくさんできました。
来週はチームビルディングという名の通り、チームワークを作るためのイベントがあるのですが、
私も一員として参加できることになりました。
1日のエクスカーションでフェラーリワールドに行く予定で、とっても楽しみです。

今こうして最後のブログを書いていても、なんだか寂しい気持ちになってきます・・。
ホテルにいる間、もちろん全ての人が知っている人な訳ではありません。
それでも基本皆と挨拶はしますし、そのなんでもない毎日の繰り返しが、今となっては本当に大切な時間だったんだと改めて感じます。

それではここでブログを閉じたいと思います。

が、もし何かまた思い出したら書き足すかもしれません笑
そしてこれからこのホテルにインターンに行かれる方がいらっしゃったらぜひぜひ私にご連絡下さい。
私にお手伝いできることがあればなんでも協力したいと思っています。

それでは皆さんも過酷で素敵なインターンぜひ経験してみて下さいね!


058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
[PR]
by intern44 | 2012-06-17 14:56