ドバイ編 海外で働いてみよう! by なお

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロイヤルウェディング

今日は本当にやりきれない、というか呆れて言葉も最後に出なくなってしまいました・・。
最近ネガティブな事も時々書いてしまっているので、インターンに興味を持つ人たちに申し訳ないかなとも
感じているのですが、少しでも私が日々思っている事を知ってもらえれば、そして覚悟をして来てもらえれば(笑)もっと皆さんが現場で世界を広げられるんじゃないかな、とも思うので今日はパソコンに向かいました。


今日はそれはそれは楽しみにしていたロイヤルウェディングのお手伝いでアブダビへ。
冬のシーズンはロイヤルウェディングが多いらしく、ウェイトレス500人募集などとホテル内に張り紙が
してあるので、申し込んでみたんです。お休みをその日もらって。
寮からは、最近一番わかりあえるブラジル人の友人とバスに乗り込みました。
どんなちっちゃな事でもプライベートな事でも、話せる友人ができるのは嬉しいことです。
が、バスに乗り込む時最初のノックアウト!
ちゃんとバスは人数分用意してあるはずなのに、みんな我が先にと押しのけて乗り込もうとするのです。
”私たちは動物じゃない!!”悪く言うつもりはないのですが、素直にそう思ってしまいました。
列を作ったら、とささやいたところで誰も聞いてははくれません。
そんなこんなで乗り込み、まずユニフォームを取りに同系列のホテルへ途中下車。
ここでまたノックアウト!
会社が一人一人のIDカードを作ってくれたらしいのですが、名前はアラビア語で書かれているので顔写真で判別し探さないといけない有様。
それはいいのですが、それを探すにも皆押し合いへし合いで探しているのです。
それを見かねたジュメイラマネージャー陣が、一人づつ名前を読み上げて、自分の名前が出れば取に行くということになりました・・最初からそうすればいいのに・・。
そして一通り名前が読み上げられ、名前のない人がたくさんいたのでどうするのかとみていたら
また最初の通りテーブルにカードを並べて探せというのです。
誰も静かにしないし列は作らないし、私はそこで茫然としてしまいました。
それで一体どうすればいいのか聞いてみると、最終的には、とりあえずカードが見つからなくても
ユニフォームを受け取って、アブダビへのバスへ乗れというのです。
今思えばそこからちょっと間違っていたのではないかと思います。
ですが、私たちは言葉を信じてユニフォームを取に行ったのですが、そこでも押し合いへし合い。
順番抜かしは平気でするし、どうしてみんなこうなんだろう。。
それでもなんとかへとへとになりながらユニフォームを着て、仲良し同僚とバスへ。
アブダビまでのバスの車内は普段ゆっくりと仕事場では話せないようなことを楽しくおしゃべりして、
これは唯一今日の救いだったかもしれません。
そしてアブダビ、ロイヤルウェディング会場前に到着。
ここでもまた同じカード探しが始まったのです・・押し合いで皆テーブルに群がり、
そして名前を読み上げ、また押し合いへし合いの繰り返し。
そんなこんなで12時に寮を出たのに時間はすでに18時になっていました。
それでも私を含めカードが見つからない人たちが100人あまりいて、ある同僚は、これがないと会場へ入れないからドバイへ返されるのかなぁ、なんて冗談で言っていたところ・・
イベントマネージャが私たちの前へ。
今回は会社側の不手際でカード作成にミスがあったため、申し訳ないけれどもドバイへ戻って欲しいとのこと。予定されていた手当は支払うというのですが・・問題はお金ではないと思うんです。
わざわざ皆お休みをとって、良い経験になるだろうとロイヤルウェディングを見るために楽しみにして来たのに、全てがオーガナイズされていないためにこんなに不快な思いをするなんて・・。
そんなこんなで、サーカス会場のように設置された巨大な会場を外から眺めるだけで、私たちは帰路につかなければなりませんでした。
同じホテルからの人たちを見ると、仲良しのブラジル人同僚は運良く?カードを手に入れ入ることができましたが、そのほかの同僚も全てドバイ組になっていました。
そしてドバイへ着いた時、時間は夜8時半になっていました。
本当にがっかりな一日でした・・。
ロイヤルウェディングは他の日程でもこれからいくつかあるらしいのですが、今日はまだまた申し込む気持ちにはなれません。
でも一度でいいから見たい気持ちはあるので、また元気が戻ってきたら挑戦してみたいと思います。


読んでくれた皆さん、ちょっとモチベーションを下げるようなブログ内容でごめんなさい。
でも明日からはまた気持ちを入れ替えます!



058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
[PR]
by intern44 | 2012-02-17 03:58

オメガドバイデザートクラシック2012

今週4日間は、少しホテルを離れて男子ゴルフ欧州ツアー、オメガドバイデザートクラシック2012へお手伝いへ行って参りました。
行く前は、同僚に仕事は何?と聞いても笑顔を作ることよ、なんて言われて全く訳がわからないまま初日を迎えました。自宅からゴルフ場までのシャトルバスも、直前に時間を知らされるという状況でした。
ドバイでは、本当に直前になるまで何でも決まらない、というか知らされないといった事が通常なので、
もっと自分も大らかに、どっしり構えられる人にならなきゃなぁ・・なんて自分の器の小ささを感じた日々でもありました。ドバイへ来るなら”臨機応変”なことが必須条件かもしれません笑

2日目になり、ようやく自分の任務がわかってきました。
この日は大きな大きな、それは大きな傘を持って、指定選手グループがプレイしている18ホールを全てついて歩いてまわりました。任務は、ジュメイラを宣伝すること、ゲストに良いイメージを持ってもらうことです。
2月とはいえ、日中は日差しが強く、足元は濡れた草の上や砂漠の上などを歩くので、かなり体力がいります。彼らについていく中で、カメラの位置を探して、いかに映る場所、宣伝できる場所に自分が入りこめるか考えて動くのです。
それ以外の時間は指定ホール前に立ち、お客さんに挨拶をして、時々お話をしたり、そんな風に過ごしていました。
正直最初は、本当にぐったりになってしまって、大丈夫かなあなんて思ったりもしたのですが、
最後の授賞式に皆で並んで、優勝者カブレラ・ベジョや王室の人の間近にいることができて本当に貴重な経験をさせてもらったので、最後には疲れは飛んでいってしまいました。
しかも普段の同僚ではなく、同じジュメイラ系の違うホテルからもスタッフが来ていたので、普段会えない日本人のお友達や、そして新しい人とも知り合えて本当に来て良かったと思いました。
何もすることはないわよ~なんて聞いていた仕事、でもどんな仕事でも自分で探せば必ず意味はあるし、どこでどんなチャンスが転がっているかわかりませんから、何でもやってみることをオススメします。
来週はロイヤルウェディングにお手伝いに行く予定なので、とっても楽しみです。
ただ何も当日の情報はもちろん未だ何も知らされていませんが・・。

058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp

a0240651_0312710.jpg

[PR]
by intern44 | 2012-02-13 01:06

名前

最近、少しづつ慣れてきたというか・・いや、そうではなくて自分が慣れようと毎日闘うことに慣れてきたっていう感じがします。ちょっとおかしな言い方ですね笑

今日は”名前”について。
どのホテルでも、お客様をできるだけ名前で呼ぶようにしましょう、と言われていると思います。
簡単な事のようで実はとても難しいこと。。
同僚の名前を覚えることも私にはとても難しくて、例えばヨーロッパ系やラテン系の名前なら馴染みがあるので大抵は一度で覚えれるのですが、このホテルで大多数を占めるインド系、アジア系、ロシア系の名前を
覚えるのは至難の業。
挨拶はしてみたものの、通り過ぎた後、彼女の名前は何だったかしら?と思うこと日常茶飯事です。
従業員が800人以上いるからというのを言い訳にさせて下さい。
ですが、お客様をチェックインラウンジにお通しする時、特にアラビア系の名前であると発音さえ
わからない、そして自分で知らず知らずのうちに小声になってしまっていたり、
名前を抜かしてしまっていたり・・そんな自分を改めなければと思う出来事がありました。
それは本当に小さな小さなことでした。

アメリカとイランの女性二人旅のお客様をお部屋にご案内した時のことです。
ここ2ケ月で1,2を争うくらいに?質問責めに合いました。笑
といっても私は質問をされればされるほど、やる気が湧いてくるので、どんどんして~っていう感じなのですが。。
内容は、携帯が通じないからSIMカードをどこで買えばいいか、お部屋をもう少し左寄りの場所に
変えてもらえないか、お刺身を食べたいけれど特別に作ってもらえるか(ホテルのバーにお寿司メニューはあるのですが、お刺身のメニューはないのです)、同じグループホテルの予約課にお世話になった人がいるからプレゼントを送ってもらえないか・・などなどです。
そのうちのほとんどは自分で直接各部署に行って確かめたのですが、
同僚から人に振ることも時には大切と言われ(納得)、
そのプレゼントをお客様のお部屋に取に行ってコンシェルジュに渡す作業をベルマンに頼みました。
実は私は以前の海外営業の仕事で、自分のお客様は自分で片付ける、というのが基本だったため
今回も全部一人で片付けてしまおうとしていたのです。
悪いことではありませんが、時には全体の効率を悪くしてしまうこともあるので、私の見直すべき点でもあります。そしてそのベルマンがロビーに降りてきた時に、私のところへ来て、NAOKOにお願いして欲しいと
コンシェルジュ宛ての荷物を渡されました。
その時に感じたこと・・。
いつのまに私の名前を見て覚えていてくれたんだろう・・と・・。
初対面の人に名前で呼ばれることが今までこれほど新鮮に、そして心地よく感じたことはありませんでした。
お客様が上手でした。
今まで発音がわからないから・・などなどお客様の名前を呼ぶことに躊躇していた自分が恥ずかしくなりました。きっと今この自分の名前がNAOKAに渡して、と言われていたとしても悪い気はしないと思ったのです。
いつもお客様に教えてもらっているような気がします・・。


そういえば今日の鶴作戦、大成功!!子供はおとなしく噴水を諦め、鶴の折り紙を眺めながら
パパの元へ・・ふふふと思っていたら数時間後、ロビーに鶴が落ちているではありませんか!!笑
まぁちっちゃな子供の事だし、あきちゃったのかもしれないし・・まあドンマイドンマイですね。
続けます。。







058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
[PR]
by intern44 | 2012-02-07 22:03

ドバイマラソン2012

a0240651_12204390.jpg

先週、ドバイマラソン2012に参加してきました!
毎年ルートは変わるみたいなのですが、今年はブルジュカリファを真近くで観れるということで
日本ではマラソンに一度も出たことがないのに挑戦してみました。(10kmですが・・)
休日の息抜きめっちゃ大事です!!

a0240651_1223171.jpg

彼らはみなジュメイラグループで働く人たちです。
実は、今回私は知らなかったので、普通にインターネットで応募して60USDを払い参加したのですが、
ジュメイラを通して応募すると、無料で参加できて、しかもゼッケンも人事で受け取ることができて、
当日スタートポイントまでのシャトルバスも利用できます。
毎年このような感じらしいので、ぜひこれからインターンに参加する人は利用してみるといいと思います。
私は今回は衣装自前、シャトルバスだけ利用させてもらいました。


朝のすがすがしい空気を吸いながら、そしていつもは車でしか通れない大通りから巨大ビル群の景色を眺めて、ゆーっくりランニングを楽しみました。そして時間は1:08で完走。
ちなみにフルマラソンでの今年の優勝者(エチオピア)は約2時間で完走・・彼のゴールを目の前で見ましたが、想像できない速さですね~。ちなみに優勝金は250,000USD。
人生が変わってしまう金額ですね・・・宝くじみたい。。
これからインターンのみなさん、私が偉そうに言うことではありませんが、利用できるものは最大限に利用してなんでも挑戦してみましょう!


058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
[PR]
by intern44 | 2012-02-02 12:56